当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生・保護者向け)コース1レッスン6

Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生・保護者向け)コース1レッスン6

 

アワーオブコードには、体系だてて20時間前後で勉強できるコースが準備されています。当記事では『コース1レッスン6 現実のアルゴリズム:種を植えましょう(アンプラグド)』を紹介します。

Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生向け)①の記事の通りにユーザーIDを登録していただきログインすると、『コースカタログ』というメニューがありますので、それをクリックすると以下のようなコースが紹介されています。この記事では、コース1のレッスン6現実のアルゴリズム:種を植えましょうを紹介したいと思います。(注:以降の説明は、ログイン済前提です。また、💬のマークがある所に、カーソルを合わせると補足が表示されます。

hourofcodeコース1

1.コース1概要

コース1概要と、レッスン1ハッピーマップについては、こちらの記事を参照ください。​

当記事の位置付け
hourofcodeコース1レッスン1
コース1レッスン2-1c
 コース1レッスン3紹介済
コース1レッスン4紹介済
コース1レッスン5紹介済み
コース1レッスン6紹介1
コース1レッスン7紹介済み
コース1レッスン8紹介済み

2.レッスン6:現実のアルゴリズム:種を植えましょう プラン

 

レッスン6の『レッスンプランを見る』をクリックすると以下の画面が表示されます。

コース1レッスン6-1

 

ここから、レッスンに使う資料を入手したり、教え方を参考にすることができます。(以下、私が訳したものです。)

レッスンの概要
このレッスンでは、生徒はアルゴリズムの概念を、種を植えるという日常生活の行動と結び付けて学びます。目標は、実生活の状況をオンラインシナリオ(訳者注:英語をカタカナにした直訳ですが、細かい手順に分割する事と思われます。)にすることや、逆のことができるスキルを身につけることです。

レッスンの要約

はじめに - 10分

1)レビュー

2)ボキャブラリー(語彙)

3)毎日何をしていますか?

アクティビティ:実生活のアルゴリズム: - 20分

4)現実のアルゴリズム:種を植えましょう

ラップアップ - 5分

4)Flash Chat💬 – 私たちは何を学びましたか?

アセスメント - 15分

5)日々のアルゴリズム

レッスンの目的
生徒達は:

  • 生徒の1日のなかの色々な活動に名前をつけます
  • 大きな活動を、1連の小さなイベントに分解します
  • 1連のイベントに論理的順序付けをします

指導ガイド

 

資料、リソース、準備

生徒用

先生用

はじめに(10分)

1)レビュー
前回のレッスンをクラスで復習します。クラス全体で話し合ってもいいですし、エルボーパートナー💬と話し合ってもらうこともできます。

レビューで生徒にする質問例:

  • 前回のレッスンで何をしたでしょうか?
  • チャンスがあればどんな事をしたかったですか?
  • レッスンの後に、質問したいことがありましたか?
  • 前回のレッスンで好きなことは何ですか?

レッスンのヒント
生徒に好きなことを聞いてレビューを終わると、前のレッスンの印象が良いものとなり、これから教えようとするレッスンに生徒がより興味を持って取り組むでしょう。

2)ボキャブラリー(語彙)
このレッスンには、重要な復習すべき単語が1つあります。
アルゴリズム
アルゴリズム - 先生と一緒に発音してみましょう:アル・ゴ・リ・ズム

タスクを完了するために従う指示のリスト

3)毎日何をしていますか?

  • 生徒に、今朝学校へ来る準備をするためにどんな事をしたか質問します。
    ・生徒の答えを黒板に書きます。
    ・可能であれば、答えの右側にどんな順番に準備をしたのか、番号をふります。
    ■もし、生徒の答えがばらばらであれば、生徒に何らかの論理的順序(訳者注:朝起きてから学校に着くまでの時系列で並べるのが良いと思われますが、他にもあるかもしれません)で先生が黒板に書けるように順に言って欲しいと、助けを出します。
    ■順番通りのところと、そうでないところを指摘します。
  • 私たちが、日々行っていることをアルゴリズムにできることを生徒に紹介します。
    ・生徒にいくつか例を示します。朝食を作る、靴ひもを結ぶ、歯を磨く など。
  • 種を植える、この新しくて楽しいアクティビティをしましょう。

アクティビティ:(20分)

4)現実のアルゴリズム:種を植えましょう(英語版) 訳者注:日本語版はここ

レッスンのヒント
クラスのことは先生が一番わかっていますので、このアクティビティーをクラス全体で実施するか、小グループで実施するか、ペアで実施するか判断して下さい。

  • 人々が日々行っていることを説明する助けに、アルゴリズムを使う事ができます。このアクティビティーでは、お互いに種を植える手順を説明するためにアルゴリズムを作ります。

クラスの生徒たちへの指示:

1.配布したワークシートから、種を植える手順を切り取ってください。

2.9つの手順から、皆で種を植える正しい6つの手順を選んでください。

3.白紙に、正しい順に6つの手順をノリで貼り付けてください。

4.他の生徒、またはグループと作ったアルゴリズムを交換して実際に種を植えましょう。

レッスンのヒント
もし、生徒たちが正しい順に並べるのが難しいと判断したら、グループ分けする前にクラス全員で検討すると良いでしょう。

ラップアップ(5分)

5)フラッシュチャット:私たちは何を学びましたか?

  • クラスメートのアルゴリズムで種を植えることができたのは何人でしたか?
  • 今日のアクティビティーで何か足らないことはないですか?
    ・アルゴリズムをもっと良くするために、追加するものはないですか?
    ・もし、アルゴリズムが1ステップだけだったとしたら:『種を植える』?
    ■より簡単になりましたか?難しくなりましたか?
    ■もし40ステップだったらどうでしょうか?
  • 今回のアクティビティームで、どこが好きですか?

アセスメント(15分)

6)評価用シート:現実のアルゴリズム(英語版)   訳者注:日本語版はここ

  • 『現実のアルゴリズム』というワークシートを生徒全員に配布して、良く説明をした上で各自で解くように指示します。
  • 前のアクティビティーが終わっているので、このアクティビティーはすぐに分かると思います。

  より詳しく学習

以下のアクティビティーにより、生徒はより理解を深めることができます。課外活動や、その他活動で使うことができます。

タスクは何?

  • クラスをチーム分けします。
  • 各チームで何らかのタスクを完了するための、いくつかのステップを考えてもらいます。
  • 各チームの作業が終わったら、チーム毎にどんなタスクを選んだのかは言わないで、考えたステップをクラスに発表してもらいます。
  • 発表チーム以外のクラス全員で、ステップを見てそのチームがどんなタスクを選んだのか予想します。


日本語版資料のダウンロードはこちらから

 


以降は、USの学習基準ですので、省略します。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

アワーオブコードカテゴリの最新記事