当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Arduinoにe-paperを接続してみる

以前の記事でArduinoに『HiLetgo® 0.91″ IIC I2C シリアルOLED液晶ディスプレイモジュール 128×32 』を接続しサンプルを動かしてみました。液晶は電源を切れば表示は消えてしまいますが、e-Paperであれば最後に表示した内容がずっと表示されます。今回は『Wavesh […]

イチゴジャム(Ichigojam)を動かしてみる

アイ・オー・データ IchigoDake用ドッキングステーションを購入しようとしましたが、2020年初は在庫が無く購入出来なかったので、Ichigojam、ディスプレイ、キーボードを購入してBASICが勉強できるように環境を整えました。これから当サイトでもIchigojamの記事を紹介していきます。 購入した部品 全て […]

ローカル環境でMakecodeを構築

Micro:bitのブロックプログラミング環境であるMakecodeでは、拡張機能を使ってブロックを追加する事ができます。自分で拡張機能を追加できます。また、他の方(会社)が作成した拡張機能を修正する事もできます。一番身近な利用例はブロックの日本語化の支援をする時と思います。この記事では、最近Ring:bit Car […]

Ring:bit Car V2 の紹介 5

前回の記事では、LEDを光らせたりランダムに動かしてみました。今回は2個のMicro:bitで無線を利用してRing:bit CarをMicro:bitで動かしてみたいと思います。 1.前回の記事の課題の答え A.LEDを色々な色で点灯させるにはどうしたら良いかでした。回答例は以下の通りです。ダンスしながらLEDが色々 […]

Ring:bit Car V2 の紹介 4

前回の記事では、makecodeで『多角形を描く』と『円を描く』をプログラムしてみました。今回は、Ring:bit car V2の車体下部についているLEDを点灯させながら動かすまでを紹介します。このLEDを使うには車体下部にある、『Other modules』と『Rainbow LED』切り替えスイッチをLED側にし […]

Ring:bit Car V2 の紹介 3 

前回の記事では、makecodeで『前進、後進』プログラムを作ってみました。今回は取扱説明書にある『多角形を描く』と『円を描く』をプログラムしてみます。 1.前回の記事の課題の答え 課題は、『前進,後進』プログラムにA,Bボタンを押したらロボットカーを停止させるには、どうするかでした。回答は以下のとおりです。 2.取扱 […]

Ring:bit Car V2 の紹介 2

前の記事でRing:bit カーの組み立て迄紹介しましたので、今回はMakecodeを使って実際にプログラミングして動かしてみたいと思います。Micro:bitが初めてという方は、こちらの記事を先に読んでいただけると良いと思います。 1.Makecodeの準備 Makecodeには、ブラウザー(グーグルクロームなど)版 […]

Ring:bit Car V2 の紹介 1

ネットでRing:bit Car の後継である、V2が販売されていましたので早速購入しました。中国のELECFREAKSというメーカー製で、英語版のマニュアルがついています。図も豊富に入っているので、組み立ては難しくないようですが、コツがありますので今回はロボットカーの完成まで紹介します。 1.外観 縦15cm、横9c […]

Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生・保護者向け)コース2レッスン19

  アワーオブコードには、体系だてて20時間前後で勉強できるコースが準備されています。当記事では『コース2レッスン19 アーティスト:入れ子のループ』を紹介します。 Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生向け)①の記事の通りにユーザーIDを登録していただきログインすると、『コースカタログ』と […]

Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生・保護者向け)コース2レッスン18

  アワーオブコードには、体系だてて20時間前後で勉強できるコースが準備されています。当記事では『コース2レッスン18 あなたのデジタルフットプリント アンプラグド』を紹介します。 Hour of Code アワーオブコードで学ぼう(先生向け)①の記事の通りにユーザーIDを登録していただきログインすると、『コ […]

1 16

人気の記事

カテゴリー別最新記事