当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Ring:bit Car V2 の紹介 4

Ring:bit Car V2 の紹介 4

前回の記事では、makecodeで『多角形を描く』と『円を描く』をプログラムしてみました。今回は、Ring:bit car V2の車体下部についているLEDを点灯させながら動かすまでを紹介します。このLEDを使うには車体下部にある、『Other modules』と『Rainbow LED』切り替えスイッチをLED側にしておく必要があります。Other modulesとは別売りの超音波センサーなどを取り付ける場合につかいます。Other modulesが日本で購入できるようになりましたら紹介します。

1.前回の記事の課題の答え

A.三角形を描くにはどうすれば良いかでした。回答は以下の通りです。

曲がる角度を時間で指定していますので、ほぼ三角を描く時間を何回も試行錯誤してきめました。サーボモーターの違いで、同じ時間を指定してもダメな場合は時間を調整してみてください。

前の記事では使わなかった日本語化未対応のブロックで角度を指定して曲がるブロックと、距離を指定して前進・後進するブロックがあります。これを使用すると図形を描きやすいと思いますが、挙動がおかしいので今回は利用していません。開発元に聞いています。

B.もっと大きな円や、小さな円を描くにはどうすればよいかでした。回答は以下のとおり。

Aボタンを押すと小さい円を描きます。A,Bボタンを同時に押して停止させてからBボタンを押すと大きい円を描きます。

2.LEDを点灯させてみる

A.Ringbitcarの拡張機能を追加すると併せて追加されるNeopixelブロックを利用します。取扱説明書のように、赤と青交互に光るプログラムは以下のようになります。円を描くプログラムに追加してみました。

 

『2.LEDを点灯させてみる』プログラム説明

1.『最初だけ』ブロックにLEDを点灯させるGPIOピンはP0と指定し、RGB(順)を指定します。
2.『ずっと』ブロック内の動きは以下のようになります。
2.1.最初のブロックでLEDを赤に点灯
2.2.次のブロックで100msの間赤で点灯
2.3.次のブロックでLEDを青に点灯
2.4.次のブロックで100msの間青で点灯
4.繰り返し

上記は2個のLEDを同時に赤、青と交互に点灯させていますが、もっと色んな色で点灯させるにはどうしたらよいでしょうか?

3.ダンスを踊らせてみる

乱数を使用して、ダンスのような動きをプログラムします。以下がその例です。

 

『3.ダンスを踊らせてみる』プログラム説明

1.『最初だけ』ブロックで左のサーボモーターをP1、右のサーボモーターをP2で制御すると宣言します。
2.『ずっと』ブロック内の動きは以下のようになります。
2.1.変数『ひだり』と『みぎ』を追加して、その変数に-100から+100の間の乱数をセットします。
2.2.次のブロックは1秒待ちです。
2.3.次のブロックで左の車輪のスピードを『ひだり』にセット、右の車輪のスピードを『みぎ』にセットします。
3.『ずっと』ブロック繰り返し

上記では低速から高速まで色々な速度でダンスをしますが、低速でのみダンスさせるにはどうしたらよいでしょうか?解答例は次の記事で紹介します。

今回はここまでです。次の記事では取扱説明書にはありませんが、2個のMicro:bitを使って無線でRing:bit carを動かしてみたいと思います。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

マイクロビットカテゴリの最新記事