当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Ring:bit Car V2 の紹介 1

Ring:bit Car V2 の紹介 1

ネットでRing:bit Car の後継である、V2が販売されていましたので早速購入しました。中国のELECFREAKSというメーカー製で、英語版のマニュアルがついています。図も豊富に入っているので、組み立ては難しくないようですが、コツがありますので今回はロボットカーの完成まで紹介します。

1.外観

縦15cm、横9cm、厚さ4cmのプラスティックケースに部品が収められています。

2.付属品

取扱説明書

アクリル製車体部品

駆動系部品

基盤

その他、組み立て用のネジやドライバーが付属しています。

3.組み立て

A.車体右部にサーボモーターを取り付けます。取付ネジがどれを使って良いか分かりにくいのですが、私はサーボモーターに付いてきた8mmのタッピングネジを使用しました。本体には6本の5mmタッピングネジがついていますが、取り付けが甘いような気がしました。ただし、車体外側にネジの先が2mm程出ますので、注意してください。また、サーボモーターの下に拡張基盤をはめ込む穴がありますので、サーボモーターで穴を邪魔しないように取付けてください。

B.同様に車体左部にサーボモーターを取り付けます。

C.サーボモーターに車輪を取り付けます。車輪には裏表があります。下の写真を参考にしてください。

D.サーボモーター軸に車輪を取り付けた様子。
注意:Hの車体組み立てが終わるまで、車輪は外しておいたほうが作業がしやすいです。

E.車体基部にキャスター部品を白いプラスティックピンで取り付けます。

F.車体右部に車体基部、車体前部、車体後部、拡張基盤を取り付けます。拡張基盤はコネクター部が車体の内側になるように取り付けます。

G.Fで組み立てたところに車体右部を取り付けます。

H.組みあがった車体を、車体固定用ピンで固定します。

I.拡張基盤のコネクターにジャンパーワイヤーを接続します。
注意:写真撮影用に車体固定用ピンを外してあります

J.Ring:bitにMicro:bitを5本のネジで取り付けます。

K.組み立てたRing:bitを車体前部に固定します。Ring:bitの5本のピンが車体前部に丁度はまるようになっています。

L.Ring:bitに拡張基盤、左右のサーボモーターからのコネクターをRing:bitに接続します。0VGにジャンパーワイヤー、1VGに左サーボモーター、2VGに右サーボモーターを接続します。0、1、2の所に黄色の線がくるように接続します。

これでRing:bitは完成です。Ring:bit基板にスイッチがついていますので、OFFにしておいてください。基盤にはONだけ印刷されていますので、反対側にします。基盤裏には単4電池を3本入れる電池ボックスがついていますので、向きを間違えないように入れておいてください。

次の記事で、Makecodeを使ってプログラミングしてロボットカーを動かしてみます。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

マイクロビットカテゴリの最新記事