当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Windows10用のMakecodeの紹介

Windows10用のMakecodeの紹介

当サイトでは、Micro:bitのプログラム作成用のMakecodeを紹介していますが、ウエブ版だけでなくWindows用も準備されています。拡張機能や共有機能を使わなければ、ネットワーク接続無しでも使えますのでお子様用に使うのも良いかもしれません。

導入手順(Windows10にて検証)

1.こちらにアクセスすると以下のような画面が表示されますので、『入手』をクリックします。
makecode1

2.マイクロソフトストアを開くか確認メッセージが表示されますので、『Microsoft Store を開く』をクリックします。
makecode2

3.Microsoft Storeが開きますので、『インストール』をクリックします。
makecode3

4.導入が始まります。
makecode4

5.導入が完了すると、以下のようになりますので、『起動』をクリックします。
makecode5

6.Makecodeが起動します。使い方はウエブ版と同じですが、一点『ダウンロード』が便利です。ウエブ版ですとプログラムをMicro:bitにコピーする必要がありますが、Windows版ではMicro:bitをUSBにつないでおけばダウンロードをクリックするだけでプログラムがMicro:bitにダウンロードされます。
makecode6

手順は以上です。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

マイクロビットカテゴリの最新記事