当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Micro:bit(マイクロビット)でIRリモコンを使ってみよう

Micro:bit(マイクロビット)でIRリモコンを使ってみよう

マイクロビット(Micro:bit)でロボットカーを作る準備として、赤外線受信モジュールを接続して、赤外線リモコンから信号を受信する方法を紹介します。

赤外線受信モジュールと赤外線リモコンについて

仕様(手持ちのELEGOO製品)

1.赤外線受信モジュール
基板上に立っている金属でカバーされた黒い部分が、リモコンからの信号を受信する部分です。
microbit_ir1

1-2.仕様
金属板に1838と刻印されていますので、使用されているモジュールはVS1838Bと思われます。

・受光変調周波数:38Khz
・電源電圧:2.7V ~ 5V

2.赤外線リモコン
私の手持ちのリモコンは以下です。ELEGOO UNOキット付属品です。
microbit_ir2
2-1.仕様
メーカー識別コードとデータコードを送信します。このリモコンは後で使用するライブラリーからNEC、AEHA、SONYコードの何れかのようです。

・送信変調周波数:38Khz
・出力信号フォーマットは以下の通り
microbit_ir3

マイクロビットと赤外線受信モジュールの接続


microbit_ir4

配線
Micro:bit 1 ——- 受信モジュール Y
Micro:bit 3V —- 受信モジュール R
Micro:bit Gnd —- 受信モジュール G

Mackcodeでプログラムする

IR拡張ブロックを導入する(OSOYOO_IR拡張機能を利用します)

プログラム作成中に以下のようなメッセージが表示されますが、動作に問題はありません。
microbit_ir13
なお、英語のメッセージ内容はその時の操作によって異なります。

1.高度なブロック→拡張機能をクリックします。
microbit_HCSR04_22

2.拡張機能選択が表示されますので、検索ボックスに『https://github.com/osoyoo/OSOYOO_IR』を入力してクリックして選択します。
microbit_ir5

3.OSOYOO_IRの拡張機能が表示されますので、クリックします。
microbit_ir6

4.計算ブロックの下にOSOYOO_IRブロックが追加されました。
microbit_ir7

5.OSOYOO_IRブロックから『connect ir receiver to P0』ブロックを選択して最初だけブロックに組み込みます。そして、P0をP1に変更します。
microbit_ir8a

6.OSOYOO_IRブロックから『on CH_MINUS button pressed』ブロックを選択します。
microbit_ir9

7.5のボタンを押したときに処理をするように『on CH_MINUS button pressed』ブロックのCH_MINUSNUM5に変更します。
microbit_ir10

8.基本ブロックから『数を表示0』ブロックを選択して、『on NUM5 button pressed』ブロックに組み込み、0を5に書き換えます。これでリモコンの5のキーを押すとLEDに5が表示されます。
microbit_ir11

9.5を表示したままでは、次に5のキーを押したときに分からないので、1秒待ってから表示をけすようにします。以下が完成したプログラムです。
microbit_ir12

実行結果について

以下のように、5のキーを押すとLEDに5が表示されます。
microbit_ir

OSOYOO_IRライブラリーを使用したための注意点

参考にした記事はこれですが、リモコン配列が写真の通りですので、数字以外はELEGOOリモコンと異なります。右が今回使用のリモコンですが、キーの場所が同じところを指定すれば使用できます。例えば、VOL+というキーは、OSOYOOリモコンのCHキーになります。
osoyoomicrobit_ir2

本来は、ライブラリーの修正ができると良いのですが、私のPCにPXT開発環境が整っていないのでまだできません。うまく環境が整い修正が出来ましたら、紹介させていただきます。

使用した部品(Arduino互換品ボード+色々な部品がついてきますが、単品のリモコンがありませんので私が購入した商品を紹介します。当サイトで紹介している超音波距離センサーもここから使用しています。)


最後まで記事をお読みいただきありがとうございます。
記事の改善に役立てたいと思いますので、よろしければアンケートにご協力ください。

記事内容についてお伺い


良く解る解る解りにくい部分がある解りにくい 


クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

マイクロビットカテゴリの最新記事