当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

子供のプログラミング BASIC!を使ってみよう 3

  • 2018.05.13
  • 2018.12.10
  • BASIC
子供のプログラミング BASIC!を使ってみよう 3

 

当サイトで紹介して、私が日本語化したアンドロイドアプリBASIC!のマニュアルの日本語版です。今回はコンソール入出力命令についてです。尚、原文をそのまま訳すのでは無く、分かりやすく変更したり、実例の追加などをしていきます。

BASIC!MLの詳しい導入手順と初めての使い方はこちらの記事を参照してください。英語版のマニュアルはこちらにあります。
当記事はコンソール入出力の説明です。

前回の宿題の解答例

 

 問題 

前回の宿題の記事はこちらになります。

①”わたしのなまえは○○○○です”という文字列をA$変数にいれて、印刷する。○○○○は自分の名前をひらがなで。

②自分の名前(○○○○部分)だけをA$から抜き出して印刷する。

③”○○○○です”だけを印刷する。

④”わたしのなまえは○○○○です”の○○○○を”やまだはなこ”で置き換えて印刷する。

⑤toshi$に文字列”tokyo”と入れて印刷する。

⑥tokyoを大文字に変換して印刷する。

⑦toshi$に文字列”NEWYORK”と入れて印刷する。

⑧NEWYORKを小文字に変換して印刷する。

⑨nに数字123.456を入れて印刷する。

⑩nの123だけを印刷する。

 解答例 

BASIC_MANUAL40

 実行結果 

BASIC_MANUAL41

BASIC!のマニュアル コンソール入出力操作

BASIC!には、3つのスクリーン出力タイプがあります。出力コンソール、グラフィックスクリーン、HTMLスクリーンです。ここでは、今までの記事で使ってきた出力コンソールに関する操作を説明します。グラフィックとHTMLスクリーンは別の記事で紹介予定です。

 Print$ 文字列 

今までの記事で説明無しで使ってきましたが、サンプル通りプログラムから文字列(メッセージ)をコンソールに出力します。文字列は『,』、『;』、『+』で区切って複数指定できます。違いは以下の例で確認してください。なお、最後に『;』をつけると、改行無しに次のPrint$文の内容が印刷されます。Print$の代わりに『?』を使うこともできます。
プログラムを入力して実行をタップ:
BASIC_MANUAL42a
実行結果:
BASIC_MANUAL43

 Cls 

コンソール出力を全て消します。Dialog.messageeコマンドと一緒にサンプルプログラムで動きを見て下さい。

 If 条件文 then 命令文 

コンソールコマンドではありませんが、この後のサンプルプログラムで必要なのでIf文の説明をここでします。If文とは、もし〇〇なら、△△をするという、条件によってプログラムの動きを変えるものです。次のサンプルプログラムの使用例のように、もし n=1 なら、画面をクリアーするというような使い方をします。この条件文ですが、前の記事で紹介した Let n=1 と同じに見えますが、条件文の場合は、『nが1と等しいですか?』という意味で、『はい』の場合にthenの後の文が実行されます。If文には色々なものがありますが、詳しくはプログラム制御命令のところで説明しますので、ここではサンプルで動きを確認してください。

 Dialog.message T$,M$,n,B1$,B2$,B3$ 

メッセージとボタンを表示して、プログラム使用者に判断を求めることができます。例えば、『プログラムを終わって良いですか?』、『画面をクリアーして良いですか?』などです。T$はメッセージウィンドウのタイトル、M$は表示するメッセージ、nはどのボタンが押されたかが0,1,2,3で返され、B1$,B2$,B3$はボタン名です。タイトルもメッセージ、ボタンも2つまで省略できます。メッセージウインドウをボタンではなく、戻るで消してしまった場合は、0が返されます。

以下のサンプルプログラムは、メッセージウインドウを表示して『はい』の場合は画面をクリアーします。『いいえ』と『キャンセル』の場合は画面クリアーしません。

プログラムを入力して実行をタップ:
BASIC_MANUAL44

実行結果:
①以下のようなメッセージウインドウが表示されます。コンソールの上のほうに薄くなっていますが、メッセージ1,2,3と印刷されています。Cls命令でこのメッセージがクリアーされます。
BASIC_MANUAL45

②はいボタンをタップするとコンソールがクリアーされ、『はいが選択されました』と印刷されます。プログラムはここで終わってしまいますので、エディターに戻って再度『実行』をタップしてください。
BASIC_MANUAL46

③いいえボタンをタップすると、画面は元のままで『いいえが選択されました』と印刷されます。プログラムはここで終わってしまいますので、エディターに戻って再度『実行』をタップしてください。
BASIC_MANUAL47

④キャンセルボタンをタップすると、画面は元のままで『キャンセルが選択されました』と印刷されます。プログラムはここで終わってしまいますので、エディターに戻って再度『実行』をタップしてください。
BASIC_MANUAL48

④タブレットの戻るをタップすると、画面は元のままで『戻るがタップされました』と印刷されます。
BASIC_MANUAL49

 Console.title  n$ 

通常コンソールの一番上に表示されている『BASIC! プログラムアウトプット』と表示されているタイトルを変更できます。

プログラムを入力して実行をタップ:
BASIC_MANUAL50
実行結果:
BASIC_MANUAL51

 Dialog.select n,A$[],M$ 

メッセージと選択項目を表示して、プログラム使用者が項目を選択することができます。選択した結果はnに配列の何番目かが返されます。M$の文字列がメッセージとして表示されます。

プログラムを入力して実行をタップ:
BASIC_MANUAL52

実行結果:以下のようなメッセージウインドウが表示されますので、関東をタップしてみます。
BASIC_MANUAL53

実行結果:以下のように関東が選択されました。
BASIC_MANUAL54

 Input A$,B$ or B,C$ or C,n 

使用者に、文字または数字の入力を求めるメッセージ(A$)ウインドウを開いて、結果がB$かBに返されます。C$かCは入力エリアに最初から表示しておく値、nはOKが押された場合は0、『戻る』でウインドウを閉じたときは1が返されます。

プログラムを入力して実行をタップ:
BASIC_MANUAL55

実行結果:以下のようなメッセージウインドウが表示されます。入力エリアには、D$で指定したデフォルトの京都が表示されます。
BASIC_MANUAL56

実行結果:デフォルトの京都を消して、長崎と入力してOKをタップします。
BASIC_MANUAL57

実行結果:以下のように長崎が入力されました。
BASIC_MANUAL58

やってみよう

①プログラムを実行したときの、コンソールの一番上のメッセージを『京都観光アンケート』にしてください。

②次の5箇所の京都の有名観光地から、どこに一番行きたいか質問してください。メッセージウインドウのタイトルは『京都で行きたい場所は?』としてください。
嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、祇園

③選ばれた観光地をプリントしてください。

④次の3つのボタン名で、観光地の再確認をしてください。メッセージウインドウのタイトルは『観光地再確認』、質問は『本当に○○で良いですか?』としてください。○○は②で選ばれた観光地名です。
はい、いいえ、キャンセル

⑤押されたボタンに応じて、以下のメッセージをプリントしてください。
はい:観光地は○○に決定
いいえ:選択し直します
キャンセル:観光地選択キャンセル
戻る:戻るボタンがタップされました。

⑥自由に観光地を入力してもらう質問をしてください。メッセージウインドウのタイトルは『京都で観光したいお寺は?』として下さい。デフォルトは『大覚寺』にしてください。

⑦入力された観光地をプリントしてください。

解答例は次の記事で紹介します。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

BASICカテゴリの最新記事