当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

子供がプログラミングを学べるアプリ4選

  • 2017.10.14
  • 2018.12.05
  • 学ぶ
子供がプログラミングを学べるアプリ4選

 

5歳~7歳の子供達がタブレットでプログラミングを学べるアプリとして、当サイトではスクラッチジュニアを詳しく紹介していますが、ほかにも面白そうなアプリがありましたので、以下に紹介します。

1.グリコード

江崎グリコ株式会社が作成した、タブレット用のアプリです。流石、お菓子メーカーさんだけあって、お菓子でプログラミングするところがすごいです。ポッキーチョコレートを使います。

グリコード

小さいお子様は興味を持つのでプログラミングの勉強のとっかかりにはいいかもしれません。キッチンペーパーを用意したり、手を清潔にとの注意があります。ただ、私には少し抵抗がありますが、、、、、また、グリコードを使った『若年層に対するプログラミング教育の普及推進報告』が、総務省のページに掲載されています。こちらの実証実験では、4種類のお菓子がつかわれています。

具体的には、ビスコで「SEQUENCE(順番に実行)」、ポッキーで「LOOP(繰り返し)」、アーモンドピークで「IF(場合分け)」、アソビグリコで「RANDOM(ランダム)」という対応関係でプログラミングの考え方を学べるようになっています。お菓子で学ぶおいしいプログラミング体験と普及活動

グリコード(GLICODE)の詳しい情報とダウンロードは、以下のリンクからどうぞ

2.Box Island

当サイトでも紹介している、『Hour of Code』のなかのアプリです。アプリ内課金がありますが、Hour of Code は無料で使えます。アプリの最初の画面は、『Hour of Code』と『B ox Island』の二つのメニューがあります。『Hour of Code』は全て無料で日本語化もされています。『Box Island』はステップ10まで無料体験でき、その後は100ステップまでありますが有償です。アプリのダウンロードはこちらのサイト(英語)からか、アプリストアで。

4.ビスケット

当サイトでも紹介している、ビスケットのアプリです。私個人の意見ですが、他のアプリと違ってブロックを使うのではなく自分で描いた絵を動かすということで、より低学年からつかえるかもしれません。ただ、インターフェースが少し分かりにくいかなとも思います。ヘルプを良く読まないと私には使えませんでした。

個人的なお勧め

1から3を順番にが、お勧めです。4はブロックをつなげる他のアプリと少し異なりますので、一度動かしてみてお子様が興味をもたれたら使わせてあげると良いかもしれません。

1、2はゲーム性が高いので、まずお子様が始めるのにちょうどいいのではないでしょうか。ここでプログラミングの基本であるシーケンシングとループを学びます。その後、スクラッチジュニアで物語を作りながらより高度なプログラミングを学び、スクラッチ(ウインドウズ用かウエブアプリの2種類)で条件処理とかより複雑なプログラミングができます。言語として『ひらがな』が選択できますので、スクラッチジュニア対象の5歳~7歳でもつかえるようになると思います。スクラッチジュニアも、もうすぐ『日本語(一部ひらがな)』をサポートしますので、これから始めるお子様には間に合うと思います。当サイトでお知らせします。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

学ぶカテゴリの最新記事