当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

Micro:bit(マイクロビット)のプログラミングをmicropythonでしてみよう

Micro:bit(マイクロビット)のプログラミングをmicropythonでしてみよう

Micro:bitのMakecode(ブロックエディター)ができるようになった方は、ブロックではなくpython(パイソン)でプログラムしてみませんか?当サイトでは、Muエディターを使ったプログラミングの仕方を紹介しています。

1.Muエディターの導入

 

2.Muエディターの使い方

 

3.ブロックエディターの『基本』ブロックとpythonを対比してプログラミングを紹介

 

4.ブロックエディターの『入力』ブロックとpythonを対比してプログラミングを紹介

 

5.ブロックエディターの『音楽』ブロックとpythonを対比してプログラミングを紹介

 

6.ブロックエディターの『LED、ループ』ブロックとpythonを対比してプログラミングを紹介

 

7.ブロックエディターの『論理、変数、計算』ブロックとpythonを対比してプログラミングを紹介

 

8.ブロックエディターの『高度なブロックの関数、配列、文字列』とpythonを対比してプログラミングを紹介

 

9.ブロックエディターの『高度なブロックの画像と入出力端子パート1』とpythonを対比してプログラミングを紹介

 

10.ブロックエディターの『高度なブロックの入出力端子パート2』とpythonを対比してプログラミングを紹介

 

11.ブロックエディターの『高度なブロックのシリアル通信のブロック』とpythonを対比してプログラミングを紹介

 

12.Micro:bitからOLED有機ELディスプレイにメッセージを表示する

 

13.Micro:bitからOLED有機ELディスプレイにビットマップを表示する

 

14.Micro:bitからOLED有機ELディスプレイにカタカナを表示する

 

ここまでで、micropythonでMicro:bitのプログラミングの紹介が完了しました。自分で好きなプログラムを作ってみましょう。

 

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

マイクロビットカテゴリの最新記事