当サイトは2020年小学生のプログラミング必修化に向けて、関連する情報を纏めています。サイトリニューアルしました。

ラズベリーパイで学ぶ② Python パイソン

ラズベリーパイで学ぶ② Python パイソン

 

前の記事で、仮想マシンにラズベリーパイデスクトップを導入して、スクラッチやpython(パイソン)プログラミング環境の紹介までしました。この記事では、Blocklyでプログラムした”数当てゲーム”を利用してpythonとSenseHAT(これも仮想)を使います。

まだ、『ラズベリーパイで学ぶ①』をご覧になっていない方は、そちらで仮想マシンへのラズベリーパイデスクトップの導入まで紹介していますので、先にご覧ください。また、”数当てゲーム”作成については、『Blockly ブロックリー ゲームズ の次はプログラムを作ってみよう①』から5回に渡り紹介していますので、ご覧ください。今回新しく紹介するハードはSenseHATです。ラズベリーパイに接続して使います。今回もハードを購入せずにエミュレーターを使用します。

SenseHATとは

 

Raspberry Pi 2/A+/B+用のHAT(拡張基板)です。8×8の16ビットLEDを使ったディスプレイとさまざまなセンサが載っていて、さまざまな検知機能を使用することができます。 つまり、Sense HATは、特に宇宙科学分野における環境条件の学習に最適です。 Sense HAT + Pi Board = Astro Pi!アールエスコンポーネンツ株式会社様より
1.Blocklyで作ったPythonプログラムをラズベリーパイデスクトップで動かす

1.前の記事でプログラムを保存されなかった方は、以下からダウンロードしてください。ダウンロードフォルダーに”kazuate.txt”というファイルがダウンロードされますので、名前の変更で”kazuate.py”としてください。

2.ブロックリーで作った数当てゲームプログラムを共有フォルダーにコピーします。『ラズベリーパイで学ぶ①』の例の通りに作られていれば、Raspberry_dataをドキュメントの下に作りましたので、ここにダウンロードフォルダーからコピーします。

python1

3.仮想マシンマネージャーを立ち上げ、ラズベリーパイデスクトップを起動します。raspberry43をクリックし開くプログラミングメニューから、Sense HATエミュレーターをクリックします。

python2

4.Sense HATエミュレーターが立ち上がります。8x8のLEDと3Dジャイロ、加速度、磁力、温度、気圧、湿度センサーがついたハードウェアで、RaspberryPiのPythonから使うことができます。今回は本物のハードウェアではなく、ソフトウエアでシュミレーションしたものを使います。

python3

5.raspberry43をクリックし開くプログラミングメニューから、Python3(IDLE)をクリックします。

python4

6.Pyhon3.4.2Shellが開きますので、FileメニューからOpenをクリックします。

python5

7.Openメニューが開きますので、”/media/sf_Raspberry_data”から”kazuate.py”を選択しOpenをクリックします。

python6

8.”kazuate.py”が開きますので、Runメニューから『Run Module』をクリックし、一度実行してみます。

python8

9.Python Shellでプログラムが実行されます。

python9

2.PythonプログラムをからSenseHATを動かす

1.これから、”kazuate.py”を修正してSense HAT のLEDを使ってみたいと思います。Pythonについては、別途詳しく別の記事で紹介させていただきますので、取り敢えずこんなことができるんだということで、手順通りにやってみてください。

2.以下がSenseHATのLEDを表示させる機能を追加した”kazuate.py”です。説明はコメントしてあります。#がコメントです。以下からコピーして下さい。

3.Python 3.4.2 Shell のFileメニューからNew Fileをクリックします。

python11

4.新しくUntitledのウインドウが開きますので、右クリックメニューでPasteしてください。

python12

5.プログラムがコピーされました。

python13

6.RunメニューからRun Moduleで実行します。

python14

16.保存するか?の確認メッセージがでますので、OKをクリックします。

python14

7.ファイル名を入力して、Saveをクリックします。例では、kazuate1 としました。

python15

8.保存されると、プログラムが実行されます。予想の数を入力するメッセージと一緒にSenseHATのLEDに?が表示されます。説明上、2つのウインドウを一緒に記録していますが、実際の手順では、SenseHATのウインドウとShellのウインドウは重ねないで、並べて実行してください。

python16

9.700と入力すると、もっと小さいですのメッセージとSenseHATに↓が表示されます。

python17

10.600と入力すると、もっと大きいですのメッセージとSenseHATに↑が表示されます。

python18

11.625と正解を入力すると、正解ですのメッセージとSenseHATに〇と答えの625が表示されます。

python19

Pythonから、SenseHATのLEDを使ってみました。説明無しで申し訳ありませんでしたが、先に実際に動かしてみたほうがお子様は興味を持たれるかなと、説明を後回しにしました。別記事で説明予定です。

クロームブラウザーをご使用の方へ

当サイトへの訪問ありがとうございます。その際、グーグルクロームブラウザーをお使いの方にお知らせです。グーグルクロームブラウザーでは、2018年7月から、サイトにより以下の表示がブラウザーのアドレスバーに表示されます。当サイトでも表示されますが、心配ありませんのでご安心ください。
SSL案内1
これは、SSLと呼ばれるWebサイトとそのサイトを閲覧しているユーザとのやり取り(通信)を暗号化するための仕組みを使用していないためです。ネットショッピング、銀行サイトではパスワードやクレジットカードの情報を扱いますので、必須の仕組みです。当サイトでは、そのような情報を扱っておりませんので、暗号化は必須ではありませんが、訪問される方により安心していただけるように、SSL化を予定しております。このメッセージはSSL化完了まで念のため表示します。

ラズベリーパイカテゴリの最新記事